NUMBER SIX198F

ポッピングとダイビングをフックセットで選択
スプラッシュ系ペンシルベイト

アゴから腹アイまで独特なカップを採用
トリプルフックでポッピング
シングルフックでダイブローリング
好みのアクションをフックでアレンジ可能

キハダを釣りたい。
その思い一つで生み出された専用ボディ。

細かな泡を引き込みやすくする
ボディサイドの深い溝

捕食状況に合わせてシルエットを
変えられる抜きホロデザイン
(誘い出しグリーン、スモールベイトに採用)

抜きホロデザインは違和感なく口を使わせ
更にフックをしっかり口の中に入れる
バイトマーク効果を目的にデザイン

NUMBER SIX198F SPEC
全長:198mm
自重:71g
タイプ:Floating (スプラッシュ系ダイビングペンシル)
希望小売価格:5,000円(税別)

COLOR LINE-UP

ナブラ撃ちパープル

誘い出しグリーン

フックセッティングとスイムアクション

泡を水中に押し込むポッピングアクションにはトリプルフックをセットします。開発時はVANFOOK社さまの匠プレミアムCT-88 #4/0(約9.0g)まで搭載できる様に設計しています。

トリプルフックでボディの浮力を下げることで、カップがしっかり水中に浸かり、水と空気をしっかり撹拌して泡を押し込む事が可能になります。ロッド操作はラインスラッグを弾く様なショートジャークでルアーを短く動かす事がコツです。

ヒラマサやGTを狙う際にルアーのスピードを出しながら誘いたい時にはシングルフックがオススメです。開発時はGOOD BAIT 山田フック スーパーショート#4/0(約5.5g)にてバランス出しをしています。

軽いシングルフックを搭載する事で、浮力が上がりカップをあまり水に漬けずにアクションを開始します。カップが水中に入る際にはローリングの切っ掛けとなるリップとして作用する事で早いロッドアクションにも対応可能です。また泳層を浅く設定することで浮き上がりが早くなり、プラスティックボディのルアーとは思えないほどリズミカルな操作が可能です。

フッキング性能を高めるコツ

ベリーフックの形状や大きさによって、ボディ側面の溝にトリプルフックが引っかかる事があります。これではアクションも安定せず、何より魚がバイトした際のフッキング性能が低下します。

もし左記の症状が出た場合、ベリーフックの向きを確認ください。多くのフックメーカーは上の様に、トリプルフックの2本の鈎がボディ側に、1本の鈎が前方を向く様にセッティングすることを推奨しています。

しかし、トリプルフックが溝に引っかかる場合はフックの向き180度反転させて取り付け直して頂けますとかなりの確率で前述のトラブルを防ぎ、更に口の中でしっかり鈎を立ててフッキング性能を高める事が可能です。

STAY HUNGRY (YouTube)
#7 バイト連発!新作NUMBER SIX

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る